日系クリニックで看護師として働く
(転職成功インタビュー vol.1/松井さん)

日系クリニックで看護師として働く(転職成功インタビュー vol.1/松井さん)

(幼稚園の子どもたちが勤労感謝の日に感謝の気持ちを込めて手作りでカレンダーを作って、クリニックに持って来てくれた際の写真です。)

自己紹介

出身は大阪府の枚方市です。医療現場で働き今年で27年目になります。

かねてより希望であった海外で看護師として働くため、息子2人の成人と同時に来越し、20184月より、ロータスクリニック(ハノイ)で勤務しています。

管理看護師として日本人の患者様への対応、ベトナム人スタッフへ日本の看護技術指導、ホスピタリティ指導を行い、日本とベトナムの文化、医療事情が違う中どれだけ日本の医療環境を作り出すか、日々奮闘しハノイ生活6年目を迎えています。

趣味は海外旅行です。今まで、アメリカではニューヨーク、マイアミ、ハワイ、アジア圏内では香港、台湾、タイ、フィリピン、等々を旅してきました。レストラン開拓も好きです。

 

職務経歴

1995年高校卒業後に、准看護師資格を取得しました。2016年に正看護師資格を取得しました。 

これまで、産婦人科、人工透析、手術室、救急外来、神経内科、慢性期、終末期、形成外科、褥瘡チームの責任者の経験があります。

 

Q1.海外転職を目指した理由は何ですか。

若い頃(20歳くらい)から海外で看護師をしてみたいという漠然とした思いがあったのですが、30歳の頃、子どもと海外留学をした際に交通事故にあい、現地の病院にお世話になりました。私だけでなく子どもも入院することになったのですが、その時は英語をほとんど話せず、異国の地でどうしてよいのかも分かりませんでした。

そのような状況で現地で働く日本人の看護師さんに、通訳や入院中のお世話をしていただき、それまで感じたことのない安心感を感じました。そして、私も子供たちが成人したら海外で日本人の方のサポートができたらと思いました。

 

Q2.どのような海外転職活動をされていましたか、また、転職の軸、国の優先順位など教えてください。

人材エージェントに登録し、求人をこまめにチェックしていました。

日本の看護師資格は日本でのみ有効であり、海外で看護師として働くにはそれぞれの国が認めたライセンスの取得が必要になります。

比較的資格が取りやすいのは、インドネシア、カンボジア、ベトナムでしょうか。。。

日本の正看護師資格を持っていたため、国で決められた試験を受けることでベトナムで看護師として働くことが出来るようになりました。

 

Q3.現在の会社で働くことに決められた理由は何ですか。

ロータスクリニックは日系のクリニックであり、日本語をメインで患者様への対応をするという事と、

やはり日系クリニックですので福利厚生が整っていたためです。

 

Q4.現在の会社ではどのようなポジション、業務を担当されてますか。

管理看護師としてクリニック全体の管理を行っています。

具体的にはクリニックを上手く運営するため、ベトナム人スタッフの勤怠管理や、技術指導(ベトナムと日本では全く違うため日本式を指導)、ホスピタリティ指導を行っています。

 

Q5.これまでの業務経験で活かせているポイントはございますか。

医療現場での27年間の経験はすべて活かせていると思います。特にコロナの時は昔MRSA(黄色ブドウ球菌)の院内感染を経験したことから、この時の経験をもとに感染防止に努めました。

 

Q6.ベトナムにお越しなられて、仕事面、プライベートとも第一印象はいかがでしたか。

やはり文化の違い、衛生面、医療の体制の違いにタイムスリップしたような印象でした。

はじめに驚いたのは交通量の多さです。文化の点では家族を大切にする文化で、家族中心でみんなが協力して生活しているという点が印象的でした。

医療体制では、来越当時はほとんど救急車が機能していなく、救急医療の遅れを感じました。現在ではクリニック毎に救急車を保有していたりと、かなり救急医療が発達したように思います。

 

Q7.ベトナムライフにおいて、仕事面、プライベートで驚いたこと(日本とのギャップ)

仕事面では、日本で当たり前にしていたことや当たり前にある物品などがベトナムにはなく、現地にある物品でどれだけ日本の医療に近づけるかに苦戦しています。

例えば点滴や採血の後に貼るテープがなく、絆創膏で代用したりなどです。

また、以前は日本の書籍が手に入らず、郵便物も届くかどうかが不確かなところがありました。

最近では日本の食品や書籍、物品が身近なところで手に入るようになり、生活も大変快適になりました。あとひとつ望むとすれば、ホーチミンにはあってハノイにはないセブンイレブンやファミリーマートの出店を期待しています(ハノイにもサークルKはあります)。

 

Q8.ベトナム人と働くことについて感想はいかがですか。考え方、文化の違いなどで困ったことはありますか?

衛生面で概念の違いがあります。ベトナム人の特性として帳尻があえば良し!というところがあります。これはある意味合理的で仕事が早いのですが、危険予知、アセスメントをすることが苦手なように感じます。

医療では危険予知、アセスメント能力はとても重要なため、それらを説明すると、その時は理解してくれますが、数ヶ月後には忘れている…この時は自分の指導能力の乏しさに落胆します。

医療では資格試験もなく、教育内容が日本とは違っている印象を受けます。6年目にして解決策を模索中ですが今後の課題ですね。

 

Q9.お仕事で問題に直面した際に、ご自身で克服に向けてどのように取り組まれましたか。

基本的に問題が起こらない日はないと思っています。問題が起きた場合には現状を把握し、まずは対応します。(患者様への施術のトラブルの場合)

なぜそれが起こったかを確認し、まずはスタッフの意見を聞き入れます。その後なぜその問題が起こったか、改善点などを質問形式で説明し、問題解決できるよう誘導します。そして問題解決できたことを褒めて、自己肯定感が上がるようにしています。自己肯定感が下がってしまうと良い方向への問題解決ができないからです。

 

Q10.ベトナム転職を実現されて、現在に至るまでの感想フィードバック

ベトナム人は家族を大切にする国民性で、優しい人達が多く助け合い精神はとても旺盛で昔の日本を思い出させます。

医療現場で働く中で相手を思いやる気持ちは同じですが、ベトナムでの看護感と日本の看護感はやはり異なる部分が多く、私が指導をしてもベトナムではこのやり方です!と意見がぶつかることも多々ありました。

もちろん彼女たちの中でもベトナムの誇りもあり、私は外国人であるという思いもあり中々受け入れてもらえるまでには時間がかかったような気がします。

ですが絶対に譲れない事は諦めずに説明し、譲れる事は譲り、お互いに折り合いをつけ、技術に関しては実際に私が実践し認めてもらえるよう努力しました。

その結果現在ではお互いが受け入れられるようになり信頼関係が構築できたと感じています。

(クリニックで働くスタッフとの集合写真です)

 

Q11.今後のキャリアプランについてどのようにお考えですか。

現在医療通訳(英語)のオンライン講義を受講しています。

最近は日系企業で働いてらっしゃる外国人の方も多くなり、看護師として他の言語で少しでも多くの方に安心して日本の医療を提供できるようキャリアアップを目指しています。

 

Q12.ベトナム生活におけるプライベートの過ごし方

ベトナムは美容に関してとても安く施術が受けられるので、週末にはスパへ行き自分へのご褒美?自分磨きですかね。(笑)

また、ベトナムからはどこへもアクセスが良いため、連休、有給休暇などで気分転換にベトナム国内、海外などへ旅行に行きリフレッシュしています。

 

Q13.海外転職を目指される方にアドバイス

始めはあまり興味が持てないと感じたり、到底できないと思うような事も意外と簡単にこなせることもあります。

郷に入れば郷に従えというように、異文化を受け入れ自分の可能性を信じてチャレンジすることを恐れないで欲しいです。

海外では日本では関わる事がないような方と交流することができ、視野を広げることができますので、アクティブに行動し充実した海外転職を叶えてください!

(ベトナム人スタッフの結婚式にクリニックの皆さんで参加された時の写真です)

嶋村 拓史(パートナー、ハノイ支店代表)

取材担当者嶋村 拓史(パートナー、ハノイ支店代表)

「2017年4月からHRnaviで勤務、ベトナムで人材コンサルタントとして第二の人生をスタートしました。現在は当社代表パートナー兼ハノイ事務所責任者として業務に従事。弊社では現地に根付いた専門コンサルタントが常駐しており、現在まで長年にわたり数多くの方に現地での就業、生活でのアドバイスを行ってきました。ベトナム就業に興味をお持ちの方いましたらぜひ当社までご相談くださいませ☆」

ベトナム情報週刊コラム

ベトナムでの家事代行!メイド・ベビーシッターサービス完全ガイド
2024.04.11
ベトナムでの家事代行!メイド・ベビーシッターサ...
ベトナムで暮らす魅力のひとつに「メイドさん・ベビーシッターさんが利用しやすい」ということが挙げられます。 「家にお手伝いさんがいる生活」は日 ...
【ベトナム/飲食店】海外でも安心の味! 日系飲食チェーン店15選【2024年4月更新】
2024.04.08
【ベトナム/飲食店】海外でも安心の味! 日系飲食...
ベトナムへ来たら、日本食が食べられなくなるんじゃないか… 日本でのお昼は、さくっと牛丼を食べていたのに、何を食べればいいんだ!なんて不安を抱 ...
【ダナン・ホイアン】lua mariageが提供するリゾート婚&フォトウェディングの魅力
2024.04.05
【ダナン・ホイアン】lua mariageが提供するリゾー...
みなさんはリゾート婚やフォトウェディングに興味はありますか? ベトナム中部の中心都市・ダナンに2022年11月にオープンした「lua mar ...

ブログ一覧へ戻る