【比較】ハノイとホーチミンはどちらが良い?実際に4年ずつ生活した筆者が解説

【比較】ハノイとホーチミンはどちらが良い?実際に4年ずつ生活した筆者が解説

  • ハノイとホーチミンの比較をしたい。
  • 生活する上での、2つの都市の違いは何だろう。
  • 経験者だからこそ知る、両都市の生活の違いは無いかな。

こういった疑問に答えていきます。

居住して初めて実感した「ハノイとホーチミンの違い」7つをご紹介


本記事では、実際に住んでみて気付いた「ハノイとホーチミンの違い」を7つ、ご紹介します。

ベトナム就職を考える際、経済規模と企業数から、就労先に、ハノイ・ホーチミンは選択肢に入るでしょう。
事実、HRnaviがご紹介する求人も、大部分がこの2都市です。

その際、「2つの都市の違い」が気になる人も多いのではないでしょうか。
筆者も当初、「働く場所は関係ない。仕事選びは『業務内容』と『会社』で選ぶべき。」と考えていました。
しかし、ホーチミンからハノイへ転居してから初めて、「短期滞在中は気が付かなかった、仕事や生活に影響を与える違い」を実感しました。

その上、ベトナムに在住する日本人の中には「こちらの都市のほうが合う」「もう一方は合わない」と感じる人も。
ベトナム就職を実現し、渡航してから「先に知りたかった!」と後悔はしたくないですよね。

そこで今回は、「仕事や生活に影響を与える可能性のある違い」をご紹介します。
ハノイとホーチミンに、各4年以上居住した筆者が「行く前に知りたかった!」という内容を、7つに厳選しました。

  • 現地の人の気質
  • 日本人の勤め先
  • ローカルフードの味付け
  • 日本食のバリエーション
  • 治安
  • 気候
  • 観光先

この記事を読むことで、ハノイとホーチミンでの「生活の違い」が、以前より明確になるでしょう。
また、就職先を決める際、より納得感を持って都市を選べるようになるはずです。

尚、本文では、ハノイを中心とする「ベトナム北部地方」を「ハノイ」、ホーチミンを中心とする「ベトナム南部地方」を「ホーチミン」と記述します。

ハノイとホーチミンの比較①「現地の人の気質」


1つ目の違いは、現地の人の気質です。
筆者が感じる最も大きな違いは、ハノイは「関係性を重視」、ホーチミンは「合理性を重視」という点です。

そう感じたエピソードが、あるベトナム系製造業の社長と話した時です。

ハノイで50人規模の製造業を起業して5年目の彼は、北部出身。
その彼に「ビジネスにおける、ハノイとホーチミンの人の違い」を聞いたところ、以下のような答えが返ってきました。

「ハノイでは、人間関係に置いて、関係性を重視します。
だから、新しく取引を始める時は、紹介してくれる知り合いがいないかを、まず最初に考えます。
ただ、一度取引が始まり、気に入ってもらえれば、ずっと応援してくれるのは良い点ですね。」

「一方、ホーチミンではより合理性を重視すると感じます。
知り合いからの紹介も有効だけど、取引するメリットや価格を客観的に評価する人が多いと感じます。
だから、メリットある取引を継続しないと、他のサプライヤーに切り替えられ易いのも、ホーチミンの人の特徴と言えますね。」

もちろん、例外はありますし、ハノイ出身の人がホーチミンで働いたり、その逆のケースも見られます。
ただ、この違いから、「相手とより深く繋がることが得意」なら「ハノイ」「合理性とメリットを押し出して仕事を進めたい人」は「ホーチミン」という選択が出来るでしょう。

ハノイとホーチミンの比較②「日本人の勤め先」


2つ目の違いは、現地在住の日本人の勤め先です。
概して、ハノイは「大企業」ホーチミンは「中小企業やベトナムで立ち上げたベンチャー企業」が多いと感じています。

この違いが生まれる理由として、ベトナムに進出する日系企業数の50%を占める、製造業に関連していると考えられます。
ベトナムに進出する「最終製品を作る日系企業」は、大きく分けると以下の3つに分類されます。

  • 二輪車(モートバイ)
  • 四輪車(自動車)
  • 家電(プリンタ、エアコンなど)

この3製品を製造する日本発の大企業は、多くがハノイやその近郊に進出しています。
そのため、その部品調達を担うサプライヤーや、更にそのサプライヤーなど、比較的規模の大きい企業もハノイ近郊に集中しているのです。

その反面、ホーチミンやその近郊には、上記大企業とは取引関係にない、中小企業が多く進出している傾向にあります。
よって、ハノイに住む日本人は、日本の有名大企業に勤める人が多く、ホーチミンでは中小企業やベトナム発のベンチャー企業に勤務する人と多く出会う、と感じています。

「仕事やプライベートを通じて、どういった人と触れ合いたいか」を考える時、この違いは1つの判断基準になりそうです。

ハノイとホーチミンの比較③「ローカルフードの味付け」


3つ目の違いは、ローカルフードの味付けです。
ハノイは「あっさり」「塩味」、ホーチミンは「複雑」「甘めの味付け」という傾向があります。

筆者の経験だと、ハノイの「薄めの味付け」は抵抗なく食べられる日本人が多いと感じています。
一方、ホーチミンの「濃い目」「甘め」の味付けは、「好きな人と苦手な人の好みが大きく分かれる」という印象です。

もちろん、ローカルフードを極力食べずに生活することは可能です。
最近では両都市とも、中心部から工業団地のある郊外まで、日本食レストランの進出が増えている為です。
ただ、勤務中や移動先でのお昼ご飯など、ローカルフードしか選択肢がない場合もあります。

しかも、環境が大きく変わるベトナム就職において、「自分に合う食事」は生活に影響する、重要な要素の1つです。
ローカルフードを最優先に勤務場所を決めることは無いでしょう。

しかし、両都市から更に離れた郊外への頻繁な出張が予想される人、居住される人は特に、留意すべき要素になりそうです。
日本からの渡航時、自分に合う食べ物を持参するなど、事前準備をされると良いかもしれません。

 

ハノイとホーチミンの違い④「日本食のバリエーション」


4つ目の違いは、日本食のバリエーションです。
ハノイは「総合的なお店」が多く、ホーチミンは「一部の料理に特化したお店」が多い傾向にあります。

両都市の共通点としては、日本食レストランや日本人が経営する飲食店は、豊富に存在するという点です。
特に、以下のいわゆる「日本人街」に集中しています。

  • ハノイ
    • Linh Lang(リンラン)通り
    • Kim Ma(キンマー)通り
    • Bui Thi Xuan(ブイティスアン)通り
  • ホーチミン
    • Le Thanh Tong(レタントン)通り
    • Pham Viet Chanh(ファンビッチャン)通り

一方、両都市の違いとしては、ハノイは「日本食全般」を扱うお店が多いのに対し、ホーチミンでは何らかのメニューに「特化」した料理店が、ハノイより目立つ点です。

一例を挙げると、ホーチミンではラーメン屋でも「家系」「担々麺」「鶏そば」など、選択肢が豊富にあります。
また、居酒屋でも「焼き鳥」「ご当地料理」などです。

ホーチミンのほうが、日本食のバリエーションに困らず、まるで日本にいるかの様に食を楽しむことができる、と言えます。
初めて海外に居住する人や、ベトナム料理が苦手な人にとっては、ホーチミンのほうが「より食事面の負担が少ない」「日本と変わらないレベルで外食を楽しめる」でしょう。

ハノイとホーチミンの比較⑤「治安」


5つ目の違いは、治安です。
両都市に約4年ずつ居住した経験から、ハノイのほうが、ホーチミンよりも治安が良いと感じます。
ここで言う「治安」とは、盗難やひったくりなどの「軽犯罪に合う可能性」を指します。

理由は、ホーチミンのほうが、ベトナム現地の人の防犯意識が高いと感じるからです。
筆者が「ホーチミン人のほうが、防犯意識が高いな」と感じた理由は、以下の3点です。

  • 現地人から携帯電話、財布、カバンなどの「ひったくり」に注意する様、アドバイスされるケースが多い。
  • バイクを駐車する際、複数の鍵や鎖を利用するケースが多い。
  • 夜10時以降に出歩かないよう心がける現地人が多い。

また、ベトナム人の間でも、同様の意識があり、2013年にはあるYouTube番組で話題になった程です。
道中、堂々と電話を掛けるハノイに対し、ホーチミンでは最大限の警戒をする様子が描かれています。

とは言え、軽犯罪以外の観点で言えば、ベトナムでは比較的治安が良いと言えます。
加えて、どちらに居住するにせよ、海外において「自分の身は自分で守る」事は大前提です。

その上で、強いて言えばホーチミンのほうが、ハノイよりも高い防犯意識が求められる、と留意されると良いでしょう。

ハノイとホーチミンの比較⑥「気候」


6つ目の違いは、気候です。
特徴を端的に言うと、ハノイは「四季」があり、ホーチミンは「常夏」です。

四季のある日本で生まれ育った私たちにとって、母国とは異なる「常夏」には惹かれる人が多いかもしれません。
一方で、実際に住んでみると、両都市ともに、以下の様なメリットとデメリットを感じました。

  • ハノイ
    • メリット:
      • 季節と気温の変化により気持ちが自然と切り替わる
      • 自然と「今、何月か?」「今年は残り何ヶ月か?」を意識し、仕事に張りが出る。
    • デメリット
      • 高い湿度により、夏はより蒸し暑く、冬は日本より寒く感じる時がある。
  • ホーチミン
    • メリット
      • 1年を通して気温がほぼ一定なので、身体への負担が少ない。
    • デメリット:
      • 季節感を感じにくい。
      • 意識しないと「今、何月か?」の感覚を失う事がある。

両都市に一長一短があることが分かります。
これまでに筆者がお会いした人だと、ホーチミンを選ぶ人は、前述した「常夏」の気候に惹かれる人が多いように感じます。
とは言え、ハノイに10年、15年と長く滞在される人は、「季節感」や「現地人の真面目な気質」を重視して選ぶ人が多い印象です。

ベトナム就職に当たり、仕事内容よりも「気候や住む都市」を重視して選ばれたい人は、上記のメリットとデメリットを留意されると良いでしょう。

ハノイとホーチミンの比較⑦「観光先」

7つ目の違いは、観光先です。
概して、ハノイは「山中心」、ホーチミンは「海中心」と言えます。

ハノイでは山中心


まずハノイでは、「山中心」の観光が楽しめるでしょう。
ハノイの中心部から3,40km離れた場所には、自然豊かな山間部が広がっているのです。

特に、米の収穫期である9月〜11月に掛けて、ハノイ北部・北西部に位置する以下の場所では、大変見ごたえのある景色が楽しめます。

  • 「Sapa(サパ)」フランス人宣教師による進出以来、避暑地として開発が進められた、多くの少数民族が共生する場所。
  • 「Hà Giang(ハザン)」中国国境沿いの、標高差の激しい山と谷の間に町や村が広がる、ベトナム最北端の省。
  • 「Mộc Châu(モックチャウ))」ハノイから西に約200kmに位置する、茶葉や牛乳で有名な場所。
  • 「Mai Châu(マイチャウ)」ハノイ近郊の、盆地に広がるのどかな田園地帯。Thái(タイ)族と呼ばれる少数民族が営むホームステイが楽しめる。

どの場所も、傾斜の激しい山々の斜面に、収穫間近で黄色に色づいた水田が広がる、大変美しい景色を見ることができます。
この時期は現地の人も楽しみにしている人が多く、ベトナム中から沢山の人が訪れます。

ホーチミンは海中心


対して、ホーチミンは「海中心」の観光が楽しめます。
ホーチミンや南部地方では、数多くのビーチリゾートが存在しているからです。

  • 「Vũng Tàu(ブンタウ)」ホーチミンから最もアクセスしやすいビーチ。
  • 「Phú Quốc(フーコック)島」金融センターと観光都市を目指してリゾート開発が急速に進む場所。
  • 「Nha Trang(ニャチャン)」ロシア人によって開発が進められた、ベトナムにおけるビーチリゾートの先駆け。
  • 「Mũi Né(ムイネー)」海だけではなく砂漠や渓谷も楽しむ事ができ、付近3つのどの空港からも100km以上離れる、のどかなリゾート地。

居住するからこそ、短期滞在では訪れにくい場所への旅行も、ベトナム就職の魅力の1つです。
ハノイとホーチミン、どちらか迷われた場合は、周囲の観光先も1つの選択肢として、検討しても良いかもしれません。

 

まとめ「ハノイとホーチミンの違いを知り、より納得の行く就職先選びを。」


今回は、「住んでから初めて気付いた、ハノイとホーチミンの違い7つ」をご紹介しました。

ベトナムのみならず、海外就職では、住む都市選びも渡航後の生活に影響を与える、重要な要素です。
自分の目標や仕事内容に合わせて就職先を選んだ上で、各都市の違いを前もって知ることで、より納得の行く就職先選びができることでしょう。

今回の記事でご紹介した内容が、ベトナム就職や都市を検討する際に、少しでも役に立てば幸いです。

HRnavi べとわーく編集部

執筆者HRnavi べとわーく編集部

べとわーくを運営するHRnaviは、創業15年、ベトナムで唯一日系企業に特化したローカル人材会社です。また、べとわーく編集部は、ベトナム在住歴10年以上のメンバーを中心に構成しています。ベトナムにおけるお仕事、生活情報など、在住歴が長い人しかわからないようなコアな情報をお届けします。

有料職業紹介事業者の登録番号:No. 21862/SLĐTBXH-GP(更新日:2020年8月10日)

ベトナム情報週刊コラム

【ベトナム・ホーチミン】旅行者必見!ベトナムドンおすすめ両替店と両替時の注意点
2024.02.19
【ベトナム・ホーチミン】旅行者必見!ベトナムド...
ベトナムの通貨はVND(ベトナムドン)です。ベトナムでは基本的に、どの両替所でも日本円からベトナムドンへの両替が可能です。 今回は、在住者も ...
ベトナム在住者が語る!忖度無し ハノイ/ホーチミンの生活環境を徹底比較
2024.02.15
ベトナム在住者が語る!忖度無し ハノイ/ホーチミ...
これからベトナムへ移住を検討している方にとって、どの都市に住むかは非常に重要なポイントですよね。 ベトナム国内でまず比較対象にあがるのは2大 ...
【ホーチミン/暮らし】現在注目を集めるおしゃれエリア「タオディエン地区」のおすすめスポットをご紹介~2024年…
2024.02.12
【ホーチミン/暮らし】現在注目を集めるおしゃれ...
ベトナム・ホーチミンを代表するおしゃれな地区といえば「タオディエン/Thao Dien」エリアです。 今回は、旅行者や初心者の方へ向けて旧ホ ...

ブログ一覧へ戻る